緑内障眼科クリニック 福岡緑内障眼科クリニック 福岡

緑内障眼科クリニック 福岡緑内障眼科クリニック 福岡

緑内障
緑内障

緑内障について

どんな病気?

緑内障とは、目の奥にある視神経が障害され視野(見える範囲)が狭くなる病気です。視神経がデリケートだったり、眼圧(目の張り具合)が上昇して神経が障害されることが原因と言われています。日本人の中途失明原因の第1位となっています。

緑内障は珍しい病気?

いえ、国内の疫学調査では、40歳以上の日本人20人に1人は緑内障の状態になっているとの報告がありました。決して珍しい病気ではありません。

視覚障害認定原因疾患

緑内障予防で気をつけることは?

高血圧や糖尿病、高脂血症などと同じような慢性疾患の部類かと考えてください。生活習慣や食生活など、自分で気をつけていれば避けられるものではなく、生まれ持った遺伝性や目の構造やデリケートさなど自分ではどうしようもない原因で起こります。また加齢によって割合も増すので、本人の気構えで防げるというものではない面があります。

緑内障予防で気をつけることは

どうしたら良いですか?

勿論緑内障になっていたら治療する、なりそうと言われたら定期検査を受ける、自分では症状がわかりにくいので40歳を超えたら一度眼科で検診を受けると良いでしょう。

検査

緑内障治療の基本

治療の基本は眼圧を下げる事

その人に対する適正眼圧を超えた圧が神経にかかると、神経線維がダメージを受けて萎縮し、そこに対応した視野の感度が落ちていきます。神経のダメージを抑えるために眼圧を下げる、が緑内障治療の基本です。

眼圧って何?

眼科に行くと、眼圧眼圧と言われますが、眼圧とは「目の張り、弾力性、硬さ」と考えてください。眼圧はゴムボールをイメージしていただければいいかと思います。空気がパンパンカチカチは眼圧が高い状態、そうでなければ弾力がありますよね。眼の中では空気ではなく、房水と呼ばれる水が日々産生され、排出され、その量のバランスが眼圧に影響を及ぼしています。

当院の特色

眼圧は角膜の厚みや可塑性(剛性)にも左右されて測定機械によっても値がバラつきます。眼圧をより客観的に評価する為に当院では角膜厚補正型、角膜可塑性補正型眼圧計を導入し、より客観的な眼圧値の把握に努めます。

眼圧を下げる必要がある

NT530

角膜厚補正型、角膜可塑性補正型眼圧計

GS-1_HGS-Stitching-Circular


治療は3つの柱!

眼圧を下げる為に、薬物療法、レーザー治療、手術治療といった3つの柱を、
年齢や進行度や眼圧の状態、患者さん個々人の状態によってどの治療を優先するかを考えていきます。

点眼治療

まずは点眼治療です。色んな眼圧を下げる薬が存在します。一日一回の物や、一日二、三回の物もあります。毎日点眼をします。痛い治療ではありませんがきちんとしていかないといけません。しばらくさしたら眼圧がその後ずっと下がる訳ではありません。緑内障をきちんと理解し、さし続けることが治療であり予防です。

レーザー治療

選択的レーザー線維柱帯形成術(SLT)

まず、痛い怖いものではありません。点眼麻酔で可能な短時間(実際の施行は5分程度)で終了する治療法です。強い痛みもなく日常生活上の制限もほとんどありません。目の中の水の排出路が目詰まりすると眼圧が上がります。なので、そこにレーザーを当てて通過抵抗を減らしてあげると水の流れが良くなって眼圧が下がるという考えです。治療効果には個人差がありますが、薬を減らしたり、手術の必要性を減らしたり、遅らせたりする事が期待できます。点眼薬が目にあわず副作用を起こす場合、点眼薬をきっちり入れることが困難な場合、点眼薬で十分に眼圧が下がらない場合などに適応となる有効な治療法です。奏功した場合の眼圧下降幅は約2~6㎜Hg程度とされています。レーザー後の効果は約1~2ヵ月後に安定してきます。繰り返しおこなうことも可能です。

福岡県内でも当グループでは早期にSLTレーザーを導入しています。まだまだ導入施設は多くないのが現状です。

保険適応:3割負担
約30,000円
保険適応:1割負担
約10,000円

※おおよその概算です。病状や投薬内容で金額は前後します。

選択的レーザー線維柱帯形成術

選択的レーザー線維柱帯形成術

手術療法…

今は白内障手術と同時に出来ます。

手術治療は、

❶どうしても薬物やレーザー治療で眼圧が下がらない為に行わざるを得ない重症の場合、
❷白内障手術をする際傷口を作るので、もともと緑内障治療をしている方は白内障手術の際に同時に眼圧下降効果が期待できる治療を行いましょう、という軽~中等症の場合

との2パターンに分かれます。後者は同時に施行するので手術は一回で済みますし、時間も白内障手術に加えて5-10分余計に頂ければ行えます。線維柱帯という房水の排出部分を切開したり特殊ステントを埋設して眼圧を下げます。日帰りで対応が可能です。今まで客観的な観察が難しかった線維柱帯を撮影できる新型機器も導入しております。

iStent

iStent

KAHOOK DUAL BLADEKAHOOK DUAL BLADE

KAHOOK DUAL BLADE

トラベクトーム

トラベクトーム


院長から一言

診察しておりますと「何かわからんけど緑内障は怖い!」「緑内障は失明するんでしょ!」ととてもネガティブな考えをお持ちの方が多いかと感じますが、実際はそんなことはありません。もちろん検査もせず放ったらかしで、私たち医師がアドバイスしても何もしないと少しずつですが視野が狭くなっていきます。そして自覚が出る頃は結構進んだ状態になってしまっています。緑内障は慢性疾患です。逆を言えば、慢性に経過するからきちんと管理をすれば進行を緩やかにする事が可能な病気でもあります。

緑内障で、失われてしまった視野は現在の医学では回復しません。ですから、自覚症状のないうちに緑内障を発見し、そこで治療を開始することにより進行を抑えることが出来れば緑内障持ちではあるかもしれないけれど、日常生活に不自由を感じることなく生活できます。早期発見早期治療が他の疾患よりも、より大切な疾患なので怖いから行かないではなく、ちょっと行っておくかくらいの感覚でおいでください。


緑内障手術の費用

Express
(緑内障インプラント手術)

片眼:
[保険適応:3割負担]
約120,000円
片眼:
[保険適応:1割負担]
約40,000円

トラベクトーム・KAHOOK・iStent
(流出路再建術)

片眼:
[保険適応:3割負担]
約75,000円
片眼:
[保険適応:1割負担]
約25,000円

線維柱帯切除術
(濾過手術)

片眼:
[保険適応:3割負担]
約84,000円
片眼:
[保険適応:1割負担]
約28,000円

※おおよその概算です。病状や投薬内容で金額は前後します。


診療時間・休診日

月曜〜土曜[予約可能]

午前 9:30受付開始〜13:00
午後 14:30〜受付18:00まで